あーあ。手を出すまいと決めていたZゲージでしたが・・・・

JAMで特価の入門セットを購入したのをきっかけに、嵌り始めてしまいました。

Nメインでウン十年やってきましたが、社会人になってからというもの、家でほとんど走らせたことが無かったんですね。つまり、買ってはそのまま保管となっていたわけです。今の住まいもエンドレスを常設できるスペースも無く、ここ何年かはNも購入頻度が下がってます。今年はパノラマしなのぐらいかなぁ。まあ台湾型は別ですが。

で、このZゲージ(東京マルイのEF65入門セット)、良く出来ているんですよね。発売された当時、KATOのNそっくりの精密な出来に驚いたのを覚えていたのですが、改めて本物をみて驚きました。しかも常点灯室内灯付き。走らせてもほとんどちらつかない。

blog20150930_01.jpg卓上テーブルにR195でエンドレスを組み、ぐるぐる走らせているだけですが、これが楽しい。久しぶりに走らせる楽しさを感じました。これが嵌るきっかけですね。

いよいよ今週末から始まります。今回の出展品を紹介。

blog20150819_01.jpg阿里山森林鉄路 18トンシェイ、28トンシェイ、ログカー 

ブログでもご紹介しましたシェイが目玉?ログカーの積荷は丸棒を塗った物で、いまひとつですね・・・・マタタビが良いかな。18トンシェイはカツミ製のものです。

いよいよ追い込みです。

車体は1時間ほどサンポールを薄めた水溶液に漬け込み、その後クレンザーで磨きだし。さらに中性洗剤水溶液に1時間ほど漬け込み、水洗いし洗浄終了です。

blog20150815_01.jpg良く乾燥させた後、いさみやの黒プライマーを吹きつけ、その後黒で塗装しました。

急げ急げ?

と言うことで阿里山shayです。

blog20150811_01.jpgお供のログカーを作りました。真鍮のチャンネル材や角棒の組み合わせ。台車はMicrotrainsのもの。

ボイラーを取り付けます。これは種車のものをばらして使用してます。少々太い為、細く加工しています。また、エンドビームも真鍮帯材を組み合わせて新製します。

blog20150801_01.jpg

今年のJAMまで1ヶ月。今年も参加しますが、NとHOナローのみと規模は縮小。

EMU800とかが良いのでしょうが、時間も無く手軽に出来るもの・・・・・

blog20150724_00.jpg阿里山28トン シェイ。これを作ります。(103系は後回し笑)

18トンはカツミから発売されていますが、そのお供に以前からほしいなと思っており、図面も引いてあったりしたのですが、なかなかきっかけが無く。

作ると言っても、下回りはさすがに無理ですので、昔アメリカへ輸出用に作られていたPFM(United合同)製のCowichan 25-Ton Shayの下回りを流用します。もったいない?と言う声が聞こえてきそうですが、阿里山の28トン シェイが欲しいのでやってしまいます(笑

もうそろそろ梅雨明けでしょうか。土日と塗装日和でした。

blog20150712_01.jpg前回塗装した2編成へ各種色いれを行いました。車番の類は自作したデカールを使用。

もう7月。早いなあ。絶賛梅雨の中、なかなか工作が進みません。

blog20150705_01.jpg先頭部は、TNカプラーを取り付けることにしました。床板をカットし、プラ板で新製します。

プラモの103系です。

ヘッドライトや室内灯をつける予定ですので、台車から集電出来る様に改造します。

blog20150628_01.jpgワッシャーに燐青銅線を半田付けしたシューを作り、台車のフレームにねじ止めします。ねじ止め部にはリード線を取りつけておきます。

ボディ以外のパーツです。プラモデルですね?。窓ガラスははめ込み式ですが、あまりきれいではありません。なんか既に黄色っぽい。

blog20150618_01.jpg

アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.0.2